Lisk(リスク)

ビットコインに投資するのはもう魅力が薄い!

ということで、

有望なアルトコインに投資する方が増加しています。

 

その中で、ビットコインやイーサリアムの弱点を克服し、

ファンダメンタルズがしっかりしている、

将来的に実用性、利便性ともに期待が高く、

日本人にも人気が高いアルトコインのLisk(リスク)を紹介します。

 

Lisk(リスク)

 

Lisk(リスク)は、2016年に誕生した仮想通貨(アルトコイン)です。

プラットフォーム名が「Lisk」で、仮想通貨名(単位)を「LSK」といいます。

 

時価総額は約400億円で、18位に位置しています。(2018年1月12日現在)

 

 

LSK(リスク)は、2017年の1年間で約235倍に上昇し、

日本でも人気が高まっているコイン銘柄です。

2018年1月現在、日本の取引所でLSK(リスク)を取り扱っているのは、

コインチェック(Coincheck)のみです。

 

 

 

Lisk(リスク)とは?

「分散型」アプリケーションプラットフォームのことです。

 

わかりやすく説明すると、

「分散型」は、プラットフォームの使用に、

特定の管理者が存在せず、利用者がお互いにアクセスしてサービスを使用します。

 

「集中型」のプラットフォームでは、特定の管理者が存在します。

利用者は、特定のサーバーにアクセスしてサービスを使います。

 

例えば、Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)は、

「集中型」プラットフォームの例です。

 

Lisk(リスク)の4つの特徴とは?

発行枚数の上限がない

ビットコインは2,100万BTCが発行枚数の上限です。

これ以上のビットコインは採掘できません。

 

一方、Lisk(リスク)は発行枚数に上限はありません。

 

無制限に作り出すことができることは、

通貨の価値を下げてしまう懸念も生じます。

 

しかし、Lisk(リスク)は、

発行枚数は毎年減少していくルールが定められています。

 

中央管理者(例えば、法定通貨で言えば日銀、FRB)など、

誰か特定の人物の思惑で、LSK発行枚数をコントロールすることは難しいのです。

 

スマートコントラクト(契約情報)にメジャーな「Javascript」を採用

まず、スマートコントラクト(契約情報)については、

最も有名なのがEthereum(イーサリアム)です。

 

スマートコントラクト(契約情報)については、

こちらで詳しく説明しているので、ご覧になって下さい。

イーサリアム/Ehtereum (ETH)

 

スマートコントラクト(契約情報)に「Javascript」を採用することで、
開発に参入しやすくなることがLisk(リスク)の大きな特徴です。

 

高難易度と言われる、

イーサリアムをプラットフォームとする開発の弱点を克服し、

多くの技術者が容易に開発に取り組めます。

 

アプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用

 

サイドチェーンはビットコインの「親チェーン」とは独立しているため、

匿名性・速い取引速度・発行量の調整など、

技術的・経済的実験を行うことができ、性能・処理能力の向上が期待できます。

 

承認スピードが非常に速いということが特徴です。

Liskの承認時間はわずか10秒ほど言われ、

最近のビットコインの承認遅延の弱点をカバーしています。

 

また、セキュリティの向上・柔軟性も期待されています。

万が一、サイドチェーンがハッキングされたとしても、

それを切り離し、メインチェーンに被害が拡大しないようにすることができます。

柔軟性も備えていることになります。

サイドチェーンは、

メインの縦のチェーンにリンクを張るイメージです。

 

イーサリアムが採用するシステムでは

縦のメインチェーンに取引データを書き込むので、

Liskのような柔軟な対応が不可能と言われています。

イーサリアムでは、ハッキング被害を受けたデータのリカバリー・

修正が非常に困難になるのです。

 

ブロックチェーンの承認システムがわかりやすく、カスタマイズも可能

 

ブロックチェーンでは、ブロックを繋げる際、

1つ1つ承認作業が必要です。

 

Lisk(リスク)は、その承認の方法に

DPoS(Delegated Proof on Stake)という方法を使っています。

 

ビットコインでいう「マイニング(採掘)/承認作業」のことを,

Lisk(リスク)では、「フォージング(鋳造)」と言います。

 

ビットコインでは

世界中のマイナー(採掘者)たちが承認作業をしており、

この承認作業は早い者勝ちです。

最初に承認した人は報酬(ビットコイン)を得ることができます。

要するに、早い者勝ちなので誰が承認する未確定・不規則です。

 

ではLisk(リスク)はどうなのでしょうか?

 

Lisk(リスク)では、

ブロックを承認する人を

みんなの投票で選ぶ仕組みを採用しています。

 

早い者勝ではありません。

 

そうすることで処理能力が速くなります。

 

ビットコインの場合は、

承認するための「鍵」をマイナー(採掘者)が競って探し、

それを最初に見つけた人が承認できます。

 

1つのブロックを承認するためには、

特定の「鍵」が必要であり、その「鍵」が毎回変わります。

だから、「鍵」を探して承認されるまでに時間を要します。

 

でも・・・Lisk(リスク)では、承認する人は

不規則ではありません。

一定期間ですが、選ばれた人が承認していきます。

 

例えば、

同じ「鍵」で承認作業がスピーディーにできる仕組みです。

 

ビットコインの承認遅延が問題視されるなか、

Lisk(リスク)は10秒程度で承認されます。

これが最近のLSK(リスク)高騰の大きな要因です。

 

非中央集権

 

最近のビットコインは

巨大なマイニング工場と優れた大量のパソコンを持つマイナー(採掘者)

の権力が大きくなってきています。

 

それが、仮想通貨の「誰にも管理されない非中央集権」

の理念から遠ざかっているという懸念も存在します。

 

でも・・・

Lisk(リスク)の場合は、承認作業は投票で決めるので

資金力を活かし、高性能なパソコンを大量に持ってるマイナー(採掘者)に

権力が集中することなく、「誰にも管理されない非中央集権的仮想通貨」

としての評価が高まっています。

 

将来的には、イーサリアム(ethereum)の価格を追い越すと期待する声も多くあります。

ファンダメンタルズがしっかりしている、

将来的に実用性、利便性ともに期待が高い銘柄です。

 

 

日本では唯一! ビットフライヤーで取引が可能

Lisk(リスク)は、

以前はコインチェックで取引されていましたが、

2018年2月22日現在、取引停止中。

 

現在、日本の取引所では唯一、

ビットフライヤーで取引することが可能です。

 

(ビットフライヤーの口座はこちら↓↓)

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事