ビットコイン先物とは? 先物取引の基礎知識

「先物取引」の基礎知識

 

 

2017年12月、

米国市場でビットコイン先物が上場しました。

 

 

日本では「先物」と聞くと

何か危なそう、難しそうということで、敬遠されてしまう傾向にあります。

日本での先物取引は、欧米に比べると人気がありません。

 

 

しかし、日本でもレバレッジを効かせた

「ビットコイン先物」「ビットコインFX」の取引が可能です。

 

 

「先物取引」の仕組みを理解することで、

ビットコイン・アルトコイン投資・トレードに幅ができます。

そして、効率的な取引で利益獲得チャンスを増加させ、

リスクヘッジの機能も取り入れることが可能になるのです。

 

 

今後、仮想通貨で安定的、継続的に大きな成果を残すためには、

「先物取引」の仕組みや売買スキルを身につける必要なのです。

 

 

 

実は、FXやビットコインには興味あるけれど、

「先物は興味ない、危ない・・」と決めつけてしまっている人が多くいます。

 

 

実際多くの金や原油の先物取引投資家が

ビットコイン先物取引、ビットコインFXに参入しています。

 

 

まずは、一度、固定観念(ステレオタイプ)は捨て、FXや仮想通貨投資をする上で、避けては通れない、「先物取引」の基本を学んでみましょう。

 

 

実際にFX、ビットコイン投資家に身につけて欲しい、「先物の必須知識」をリストアップしています。

 

 

「先物」とはどのような取引なのか?

先物取引とは、簡単に言うと、

将来の売買について、現時点の価格で売買することできて、

取引期限までに反対売買(転売・買戻し)して決済する取引のことです。

 

 

株も仮想通貨も「先物取引」があります。

また、FXと「先物取引」の仕組みは多くの共通点があります。

 

 

FXとは先物取引の一種だという見方もあります。

詳しくは、他の投資法(FX・仮想通貨との比較で)で説明します。

 

 

ここでは、東京商品取引所に上場している

「東京金」という銘柄を例にして「先物」の仕組みを説明します。

 

 

「先物」では、現物のように、商品(金現物)の受け渡しはなく差金決済が目的となります。

差金決済とは、現物と代金のやりとりをするのではなく、反対売買により決済する方法です。

 

 

もう少し分かりやすく説明しましょう!

手元に金(ゴールド)の現物がなくても、金(ゴールド)の将来の値段を予想して利益を狙うことができる取引です。

 

 

金(ゴールド)を買った場合は、将来かならず一定の期限までに転売して取引を終了するルールになっています。取引の基本は、「安く買って高く売る」ことであり、全ての投資に共通と同じです。

では、「確実に値段が下がりそうだ・・」というときはどうでしょうか?

 

 

転売と空(カラ)売り   

 

 

カラ売りとは?

将来、値下がりすると思えば、値段が高いうちに売っておいて、

値段が下がった時に買い戻すことです。値上がりだけではなく、

値下がりを予想しても、どちらでも利益を得ることが可能な取引なのです。

 

 

しかし、そもそもなぜ?「空売り」なんてあるの? と質問を受けることがありますが、

それは・・先物の本質である保険・リスクヘッジのためなのです。

 

 

例えば、〇〇商事が、穀物(小麦や大豆など)を購入する場合、

今ではなく将来に必要な数量をまとめて購入します。

 

 

穀物価格は変動しているため、半年先の価格がいくらになるか分りません。

穀物の大豊作や需要減などで価格が大きく値下がりするリスクがあります。

高く買い付けて、安く売ってしまっては大損ですよね・・・。

そこで「カラ売り」をうまく活用し、値下がりに対する保険(ヘッジ)をするのです。

 

 

FX投資家は既に「空売り」の仕組みに馴染みがあると思います。

一方、仮想通貨(ビットコイン)投資家の中には、「空売り?・・知らない・・・」という方もいると思いますが、この「カラ売り」の仕組みは、仮想通貨(ビットコイン)投資をする上で必要な知識ですので、是非、知っておきましょう。

 

 

「空売り」について、金(ゴールド)を例に、更に分かりやすく説明します。

例えば、あたなが、〇〇貴金属店から金現物(ゴールド)現物を借りるとしましょう。その借りた金(ゴールド)現物を誰かに売って(転売)しまうイメージです。

 

 

〇〇貴金属店から借りた金現物(ゴールド)を売ってしまったのですから、いつかは、〇〇貴金属店に、その金(ゴールド)を返さなければいけません。

 

 

空売りの場合、実際に現物を借りることはありませんが、

金(ゴールド)価格が「空売り」した時よりも安くなっていれば、

安く買い戻せますので、その差額が利益となります。

 

 

例)

50万円で金先物(ゴールド)を「空売り」して、

25万円まで下がったときに買い戻せば25万円の利益を獲得できます。

「50万円で安く買って、75万円で売ることで、25万円の利益を得られる」と逆の考え方です。

 

 

イメージ沸いてきましたか?

 

 

しかし注意も必要です。

金(ゴールド)価格が「空売り」した値段より上がってしまえば、

借りた値段よりも高い値段で金(ゴールド)を買って返さなくてはなりません。

この場合は損失が発生してしまいます。

 

例)

金先物を50万円で空売り、75万円まで上がったときに買い戻すと25万円の損失。

「空売り」は、価格が下がれば利益、価格が上がれば損失になる、

通常の「安く買って高く売る」取引方法とは逆なのです。

 

 

もう1つ具体例をあげてみましょう。

2020年東京オリンピック記念コインが1枚50,000円で発売されたとします。

あなたは、「これは人気が出てすぐに売り切れる、プレミアム価値もつく、値上がり確実だ・・・」と思ったとします。

 

 

あなたは、コイン価格が50,000円のときに10枚購入し(50万円投資)、1年後75,000円に値上がった時点で10枚売却すると、1年でコイン1枚当たり25,000円、10枚で250,000円の利益が獲得することができますね。

 

 

「買い」の場合は非常にわかりやすいですね!

 

 

一方、「空売り」では、もしあなたが、

「50,000円のオリンピック記念コインが、将来は安くなる」と予想すれば、

50,000円で「空売り」して、25,000円に値下がりした時に買い戻せば、

コイン1枚あたり25,000円の利益が獲得できます。

 

 

もう「空売り」については理解できましたね!

 

 

取引環境 取引時間 安全性 スマフォ 

 

 

少しかたい話になりますが、

商品先物市場は、「公正な価格指標の形成」と「価格変動のリスクヘッジ」などの

産業インフラとしての重要な経済的機能を担っています。

 

 

また、一般投資家(投機家)にとっての「資産運用・形成」の機能を担っており、

商品先物市場で形成される価格の動向を予測して、積極的に売買を行うことによって、

その差益を得ることができます。

 

 

商品先物市場のこれらの機能は、相互に補完的な関係にあり、商品を扱っている当業者のみならず、リスクを取ろうとする一般投資家の参加によって、その商品の先物市場の流動性が向上し、それが産業インフラとしての機能の発揮を支えることになります。

 

 

金先物は、国内唯一の公設取引所である東京商品取引所に上場する銘柄です。銘柄名は、「東京金」といいます。現物・先物・ヘッジ取引まで、透明かつ公正な価格により取引でき、投資家等にとって利便性が高く、安心して参加できる環境が整っています。

 

 

金先物の監督官庁は経済産業省です。

リスクと上手く付き合い、売買のノウハウを身につけることで、安全な公設市場で高収益を狙うことができます。世界経済や金融・商品マーケットとふれあうことで、人生を活気づけることが出来ます。

 

金先物の取引会社が提供する取引ツール(環境)は年々進化しており、

投資家の利便性は確実に向上しています。実際の取引は、スマフォで簡単に取引ができます。

投資対象銘柄も誰もが知っている、金、プラチナ、原油など、私たちにとても身近な商品なのです。

 

 

取引期限・限月(げんげつ)とは

 

 

金先物取引には、「買い」から入った場合は、

取引期限までに必ず売り(転売)、「空売り」したものは必ず取引期限までに

買い戻して取引を終了する、というルールがあります。

 

 

その決済期限のことを『限月・げんげつ』と呼んでいます。

取引期限があることが、先物取引と他の投資の大きな違いですね。

 

 

限月(げんげつ)は、商品の銘柄ごとに決まっています。

2017年9月15日(金)の東京金(ゴールド)の相場表で説明します。

東京金(ゴールド)・標準取引(1kg)

取引日:2017年9月19日

単位:円(1グラムあたり)

 

 

限月(げんげつ)

取引期限は最長で約1年です。その期限までに清算しなければなりません。

東京金の限月(げんげつ)が6限月制です。

 

 

上記の東京金相場表では、2018/8月が最長の取引期間です。

(1年間)

 

 

先限(さきぎり)

上記相場表では、取引期限が一番長い(遠い)ものを「先限」(さきぎり)と言います。

 

 

2018年8月(18/08)に期限が満了する限月(取引)のことを、

「8月限(ぎり)」と言います。

 

 

2017年10月(2017/10)が期限の10月限、2017年12月(2017/12)が期限の12月限、

2018年2月(2018/02)が期限の2月限、・・・・2018年8月(2018/08)が期限の8月限の値段が、

合計6つの限月でそれぞれ別々に取引されています。

 

 

似たような値段ですが、各限月により、値段が少し異なります。

(上の相場表で確認するとわかりやすいですよ・・)

 

 

当限(とうぎり)

取引最終日(期限日)が最も短い限月(取引)を「当限(とうぎり)」と言います。上記相場表では、17/10の限月、10月限のことを「当限」と言います。

 

 

納会(のうかい)

限月には「納会」(のうかい)というものがあります。日経225先物やオプション取引で、SQ(Special Quotation)と呼ばれているものと基本は同じです。

 

 

取引の最終日までに反対売買で決済されなかった建玉は、納会日の寄付き(開始時)で、成行(Mo+Fak)で強制的に決済されます。放っておいたら、「現物」が届くというようなことはありませんので、心配ありません。

 

現物を受け取ることは可能ですか?

 

 

ただし、取引の最終期限において、買玉を保有していて、

取引会社に現物受け渡しの申し込みをした上で、

現物の購入代金を用意するなど、取引会社の規定手続きをするば、

現物を買い取ることができます。

 

 

アジアの金(ゴールド)取引の中心市場として、参加者の利便性の向上、流通性の向上のための措置です。ですから、東京金先物で1枚買い、差金決済で思うような利益が出なかった場合は、現物を受け取ることも可能です。

 

 

単なる差金決済だけのハイリスクハイリターン取引とは異なり、現物を受けとれる安心感もあります。

 

 

「先物」というと、ハイリスクで危ないイメージを強く持つ方もいますが、

実は現物取引のメリットも活かせるのです。

 

公設の商品先物市場である東京商品取引所では、現物の品質・受け渡しを確実に履行してくれます。

 

 

取引数量の呼び方、取引単位・呼値単位

上場商品銘柄の売買単位は、「枚/マイ」と言います。

FXや日経225先物と同じなんのでわかりやすいですね。

 

 

東京商品取引所に上場している銘柄であれば、全て1枚単位で取引が可能です。  

 

 

例)東京金を10枚買い。東京金を10枚空売り

東京金は、取引単位が1キログラムで、実際の東京金先物価格は、

1グラムあたり1円刻み(単位)で動きます。

 

 

2017年9月15日の東京金 ④月限の終値は4710円(1グラム)です。(上記相場表を参照)

 

 

取引証拠金(プライス・スキャンレンジ)とは?

金先物は、実際の取引の数十分の一の金額を担保とする証拠金で売買することができます。

これを取引証拠金とも言います。

 

 

各銘柄で決まっている証拠金(プライス・スキャンレンジ)で取引を始めることが出来ます。

例) 東京金1枚を取引するのに必要な取引証拠金は、66,000円。

2017年9月15日現在の証拠金(プライス・スキャンレンジ)

 

金先物におけるレバレッジ効果について 

 

 

レバレッジとは「テコの原理」のことで、

実際の投資金以上の金額の取引ができることを言います。

 

 

レバレッジを利用すれば、少ない資金で大きな資金を動かすことができるので、

資金効率が高いと言えます。

 

わかりやすく例をあげていきましょう!

 

東京金の場合

 

 

 

金(ゴールド)の先物価格が4700円(1g)の場合、

現物であれば、1kg=470万円を約6.6万円の証拠金で取引できるということです。

資金効率に優れた取引と言えます。

 

 

レバレッジは、470万円÷6.6万円≒70倍ということになります。

 

 

東京金を4700円で1枚あたり6.6万円買い、

その後4750円に上昇したときに決済すると、

50円の値上がり(約1%上昇)で、投資金6.6万円に対して5万円利益が生じます。

(投資金に対して約75%の運用利回り)

 

このように、少ない資金で、レバレッジを効かせて、

資金効率良く大きな利益を得られることが、金先物取引の魅力なのです。

 

 

しかし、リスクについても注意が必要です。

例えば、4700円の東京金先物価格が、思惑とは逆に50円値下がりした場合(約1%の下落)、

1枚あたりの取引証拠金6.6万円の損失になります。

 

 

-50円×1000倍×1枚(取引枚数)=-50,000円の計算になります。

FXと簡単に比較してみます。(詳しくは金先物とFXの比較も見て下さい)

 

 

FXで必要になる投資金(証拠金)は、

投資金=「為替レート×最低取引単位÷レバレッジ」という計算式になります。

 

 

例えば「1ドル=100円」のレート、25倍のレバレッジで、1万ドルの取引をするとします。

必要な投資金は、100円(為替レート)×10,000(取引単位)÷25倍(レバレッジ)=4万円となります。

 

 

この場合、1ドル100円のレートが101円に上昇した場合、

利益はどうなるのでしょうか?

 

 

「計算式」

(101円(決済)―100円(買い付け)=1円(利益幅)

1円(利益幅)×10,000万通貨(取引単位)=1万円 1万円の利益です。

4万円の投資金に対して1万円の利益です。(投資金に対して約25%の運用利回り)

 

 

どうですか、倍率が異なるだけで、FXと金先物の仕組みは基本同じなんですね・・・

 

 

おそらく、金先物で、一番気になるのが、「金先物」は「仕組みが分からない? 

財産全て失うのでは?」 などのリスクについてではないでしょうか?

 

 

この金先物で最も怖いと思われている? リスクに関しては、

FX同様、ロスカット制度が備わっているので安心です。

 

 

口座の資産が一定の割合まで目減りしたときに、

自動的に取引を終了、損失を確定させることが可能です。

参加者に不足金が発生するという不測の事態に備える制度です。

 

 

金先物もFXも、「ロスカット制度」の導入により、相場の急激な変動時にも安心して取引できるので、基本的に借金などは発生しません。

どうですか? 金先物について少しイメージupしましたでしょうか?

 

 

株式投資との違い

 

 

株取引の場合

株式取引は、株式の現物をその現在価格で購入します。

例えば、現在1株が1万円で、1株の株式を購入しようとした場合、

必要投資金額は1万円が必要になります。

 

 

1円上がれば1円の利益が出て、1円下がると1円の損失となります。

500円値上がりすれば、500円の利益、500円値下がりすれば500円の損失になります。

 

 

先物取引の場合

商品先物取引は、例えば東京金の場合、呼値は1g(グラム)、取引単位は1kg(キログラム)であり、倍率は1,000倍(g)です。FXの10,000倍(通貨)と比較

 

 

決して、レバレッジが1,000倍や10,000倍という訳ではありません。

(詳しくは、8のレバレッジをご覧ください)

 

 

東京金を1枚取引するのに必要な投資金が6.6万円とすると、

6.6万円で東京金1kgを取引できます。

 

 

1g=4,700円で取引倍率が1,000倍ですので、470万円の取引を行うことになります。

6.6万円で470万円の取引をすることができるので、資金効率がよいと言えますが、ハイリスクハイリターンとなるわけです。

 

 

東京金の銘柄を1枚・4700円で買った場合(取引証拠金6.6万円)、

価格が4,700円から50円値上がりすれば、5万円の利益、50円値下がりすれば5万円の損失ということになります。

 

独特な用語集(商品先物バイブル、百科事典)

商品先物取引で使用される主な用語について解説します。

 

建玉(ポジション)とは?

 

新しく、「買い」または「空売り」の売買をして、

未決済の状態(反対売買が行われていない)になっているものを建玉(たてぎょく)、

又はポジションと言います。

 

 

建玉(ポジション)は買い建玉(ポジション)、売り建玉(ポジション)の2種類があります。

 

 

例)

東京金を4700円で1枚買って保有している状態 ⇒「買い建玉(ポジ)1枚」

東京金を4700円で1枚売って(カラ売り)して保有している状態 ⇒「売り建玉(ポジ)1枚」と呼びます。

 

値洗いとは?

 

建玉(ポジション)に発生する損益を「値洗い(ねあらい)」といいます。

例えば、東京金を4700円で1枚買い、決済せずに建玉している状態で、現在値が4750円であれば、値洗いは、+50,000円となります。

 

(現在値4750円-建値4700円)×1000倍×取引枚数(1枚)=50,000円(値洗い益)

 

 

証拠金不足(追証拠金・おいしょう)とは?

 

少しわかり難いのが、証拠金不足(追証拠金)についてです。

取引の担保である証拠金が少なくなったときに、その不足分が請求される仕組みで、

大きな損失を抱えないための警告です。

 

 

追加証拠金が期日までに納付できない場合は、そこで強制決済となります。

証拠金不足を発生させないためにも、ある程度余裕をもった預入金をお勧めします。

証拠金不足(追い証拠金)は、投資家の損失拡大を防ぐための制度なのです。

 

 

出来高・取組高・売買高とは?

出来高とは、毎営業日の売買量です。(売りと買いが成立したものを1枚と数える)

売買高とは、「売り」と「買い」で、それぞれ1枚と数え、出来高を2倍に数えます。

取組高とは、未決済で残っている建玉の量のことです。

 

 

帳入値段(ちょういれねだん)とは?

 

東京商品取引所と取引会社の間で、

日々精算を行う際の計算基準となる価格のことを帳入れ(ちょういれ)値段といいます。

その日の最終価格(終値)であり、清算値とも言われています。

 

 

委託者債権保全の仕組み

委託者債権保全の仕組み

私たちが取引会社に預け入れた投資金(取引証拠金)は、法令に基づき保全されます。

 

 

取引会社(例 楽天証券・フジトミ等)は、

主務大臣、清算機関、保護基金や日本商品先物取引協会 が厳重な指導・監督をおこなっています。

 

 

法律に基づき「取引証拠金制度」、「分離保管制度」及び

「保護基金による一般委託者支払制度」を設けて、

委託者が商品先物取引業者や清算機関に対して有する投資金(取引・委託証拠金)の

返還請求権など委託者債券の保全を図っています。

 

 

委託者は、取引会社の倒産などにより、

投資金(取引証拠金)の弁済を受けることが できなかったときは、

取引を行っている清算機関に対して当該取引会社が預託している取引証拠金の 払い渡しを請求できる仕組みです。

 

 

委託者保護基金が 委託者保護基金の固有の財産である委託者保護資金を弁済原資として委託者1人当り1,000万円を限度として、一般委託者に弁済を行う制度です。

ですから、安心して金先物が出来るのです。

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加