まだ儲けることはできる?プロに聞くビットコイン投資の現状

 

最近メディアでよく耳にするようになった仮想通貨「ビットコイン」、

新たな資産運用の方法として注目をされていますが、

このビットコイン投資、今からはじめても儲けることはできるのでしょうか?

 

現役トレーダーがわかりやすく解説します。

 

◎ビットコインの基礎知識

ビットコインとは、P2Pネットワークを通じて、

世界中の相手と金融当局の規制を受けずに取引することが出来る、

インターネット上で流通する仮想通貨の一種です。

 

まずは、ビットコインが通貨として機能する仕組みについて、

発案者である”サトシナカモト”が公開した

ビットコインに関する論文の用語をもとにご紹介します。

 

ビットコインでは、

技術的な情報発信が相場に影響を与えることもあるので、

基本的な用語の知識を持っておくことが好ましいでしょう。

 

・「ユーザー」とは

 

  ビットコインは特定の管理機関を持たず、

世界各地のパソコンに取引データを分散して保存し、

P2P方式によりパソコン同士で取引データを管理し、

各々が必要とする計算や処理を実施するシステムを採用しています。

 

ビットコインを利用する人、及び、

このシステムを構成するためのパソコンを提供する人たちのことを「ユーザー」と呼びます。

 

 

 

・「ブロックチェーン」とは

 

ブロックチェーンとは、

「トランザクション」というビットコインの取引履歴を纏めた

ブロックをチェーンで連なるような形で分散して保存する技術のことを指します。

 

その保存先として、ユーザーが所有するパソコンを利用しています。

ビットコインは、取引が行われる毎にブロックが追加され、

追加されたブロックは自身の取引データとその直前の取引データが格納されている

ブロックのハッシュ値を用いて暗号化します。

 

即ち、取引データを削除したり、改ざんしたりするには、

それ以降のブロックを作り直さなければならず、

またそれまでの取引データが別のユーザーのパソコンに保存されているので、

改ざんも消失も起こりえないのです。

 

 

・「マイニング」とは

 

過去に不正な取引(改ざん)が行われていないことを確認し、

新たな取引を承認するには、全てのブロックを平文化して辿る必要があるため、

膨大な計算量が必要になります。

 

この不正が行われていないことを証明する承認作業を“プルーフ・オブ・ワーク”といいます。

このプルーフ・オブ・ワークは、ユーザーのパソコンを利用し、

分業して行うわけですが、この作業を成功させたユーザーには、

報酬として新規発行のビットコインが支払われます。

 

この一連の流れをマイニング(採掘)といい、

このマイニングのおかげでビットコインが不正に増減したりすることなく、

安全性が保たれているのです。

 

◎ビットコイン投資で儲ける(利益を出す)しくみ

 

 

ビットコイン投資で儲ける仕組みは基本的に株式投資やFXと同じです。

 

・ビットコインの入手方法

 

ビットコイン投資を始めるには、まずビットコインを入手することから始まります。

 

ビットコインの入手方法として、

  -仮想通貨FXを取り扱う取引所に口座を開設してレバレッジをかけて時価で購入する。
  -仮想通貨取引所にて、時価で購入する。
  -ウォレット(財布)を作成し、人からもらう。
  -ポイントサイトで貯めたポイントを交換して手に入れる。
  -マイニングの報酬として受け取る。

 

上記が挙げられますが、取引所を利用した入手に関しては、

ビットコインの一般的なトレードの”買い”の行為にあたり、

株式投資やFXの”買い”と同じと思って問題ありません。

 

それ以外に関しては、他の投資には無い入手方法です。

 

・ビットコインを換金、使う方法

 

ビットコイン投資で生じた利益を得るためには、

ビットコインを手放して、換金したり、ビットコインで会計したりすることで手に入れます。

 

ビットコインを換金したり、使用したりする方法として、

  -仮想通貨FXを取り扱う取引所にて、レバレッジかけて購入したビットコインを決済する。
  -仮想通貨取引所にて、時価で決済する。
  -ビットコインを取り扱う店舗で決済(会計)する。

 

が挙げられますが、取引所を利用した換金に関しては、

一般的なビットコインのトレードの”売り”の行為にあたり、

こちらも株式投資やFXの”売り“と同じと思って問題ありません。

 

決済(会計)はビットコインで決済が可能な店舗で、

時価に換算した金額で会計することを指します。

 

・ビットコイン投資のリターン

 

ビットコイン投資でリターン(利益)を得る仕組みは

基本的に株式投資やFXと同じで、

買ったときの価格 - 売ったときの価格が儲けになります。

 

ビットコインFXであれば、空売りと買い戻しにより、

売った時の時価 - 買った時の時価が儲けになります。

 

  上記のような方法で利益を得ることを“キャピタルゲイン(売買差益)”といいます。

 

・ビットコイン投資のリスク

 

ビットコイン投資でリスク(損益)を招くケースは、

株式投資やFXと同じですが、トレードの失敗も含めて以下のようなリスクが潜在します。

 

-大暴落のリスク
 
仮想通貨は好判断なニュースが流れると

前日比が100%以上になることが珍しくありませんが、

逆のケースの場合、大暴落を招き、

一瞬にして半値以下まで下がることがあります。

 

-仮想通貨を預かる取引所のリスク

 

仮想通貨のシステム自体は堅牢でありますが、

取引所のセキュリティは別問題です。

 

取引所がハッキングに合い、

自身が預けていた仮想通貨が盗まれてしまうリスクがあります。

 

-国が仮想通貨を規制するリスク

 

一部の国では、仮想通貨の全面禁止する国も出始めています。

政府や国が仮想通貨そのものを禁止してしまうと、価値が”0”になってしまいます。

 

-スケーラビリティ問題

 

仮想通貨を利用する人が急激に増えたため、

仮想通貨の取引をするための処理が間に合っていない問題が発生しています。

送金中の大暴落や手数料の高騰による仮想通貨の価値を下げるリスクが潜在しています。

 

◎2017年~2018年のビットコイン投資の動向

 

 

2017年はビットコインにとって大波乱とも言うべき1年で、

テレビやインターネットのニュース等で

”ビットコイン”や”仮想通貨”といったキーワードを

良く耳にされた方もいらっしゃったと思います。

 

 

結局2017年は年明け時点で10万円だったビットコインの月平均価格が、

年末の12月には174万円という17倍近くまで価格が跳ね上がり、

また仮想通貨の市場規模が2兆円から60兆円にまで拡大した激動の1年でした。

 

では、2017年からの1年間のビットコイン投資の動向をダイジェストで紹介します。

 

・2017年1月:

2016年からの上昇傾向が継続し、過去最高額となる15万円に到達。

 

・2017年2月:
中国では“ビットコイン取引の禁止令”が発令され、約15%程度下落するものの、上昇傾向は継続。

 

・2017年3月:
これまでの上昇傾向が下降傾向に転換します。
  
これはビットコイン・アンリミテッドが

ハードフォークを行うことを懸念した

ビットコインの売却の増加によるものですが、

各国の取引所がユーザーの保護を最重視するという方針を発表したことにより、

市場は落ち着きを取り戻しました。

 

・2017年4月:
日本の”仮想通貨法”の施行がビットコインにとって好判断材料となり、

緩やかな上昇傾向に転換します。

 

・2017年5月:
”仮想通貨法”の施行によりビットコインに対する信頼性が高まり、取引量が増加します。

この月は過去最高額を何度も更新し、34万円に到達します。

 

・2017年6~7月:
ビットコイン開発者らによるハードフォークの施行が発表されるなど、

ビットコインにとって不安な材料が市場に乱高下を招きます。

 

・2017年8月:
ビットコインキャッシュやSegwit実装など明るい判断材料により、

上昇傾向に転換します。この月は最高価格が50万円を突破します。

 

・2017年9月:
中国人民銀行から規制を受けた大手取引所への”ビットコインの取引停止”が大暴落を招きます。

月初めには50万円代だった価格が一気に32万円にまで暴落することになります。

 

・2017年10~11月:
ハードフォークの施行に備え、ビットコインを買う人が増えたため、

大幅な上昇傾向を維持します。11月26日にはついに100万円を突破することになります。

 

・2017年12月:
前月からの上昇傾向が継続し、一気に230万円まで上昇し、

その後、下降傾向に転換します。

年末には150万円まで下落するという大暴落が話題になりました。

 

・2018年1~2月
中国、ドイツなど、世界各国がビットコインの規制に積極的な姿勢を示す。

仮想通貨大量流出事件など影響を受け、年明けは上昇傾向に転換するものの、

1月16~17日に暴落し、下降傾向をたどり60万円代にまで下落します。

 

 

◎ビットコイン投資でまだ儲けることはできるのか?

ここで一旦、ビットコインの価格や相場から離れて、

ビットコインという仮想通貨のメリットについて、一旦整理してみましょう。

・ビットコイン投資のメリット1: 送金が早く、安い(今はメリットと言えない状況)

 

ビットコインは特定の金融機関を介さず送金ができ、

通貨を変換する必要のない、全世界で使える共通通貨です。

ビットコインの取引を後押ししています。

 

・ビットコイン投資のメリット2: 発行上限が決まっている。

 

ビットコインは発行上限が決まっているため、

ビットコインの認知度が上がれば上がるほど、

ビットコインの希少性が上がり続けます。
  
このことがビットコインの価値が下がりにくいという安心感を与えてくれているのです。

 

・ビットコイン投資のメリット3:換金性が高い
 
ビットコインを取り扱う取引所は世界各地にあるため、

様々な通貨との交換を問題なく行うことが出来ます。
  
2017年は市場規模が大きく拡大し、取引所も増えたため、ますます利便性が向上しました。

 

・ビットコイン投資のメリット4:自己資産を失うリスクヘッジになる。
 
ビットコインは、国家や金融機関が介在しない仮想通貨のため、

発行元の国が危機的状況に瀕し、その国の通貨の価値を失ったとしても、

ビットコインの価格は影響を受けません。
  
自己資産のリスクヘッジとしてビットコイン投資はとても有用なのです。

 

◎ビットコイン投資をギャンブルにしないために

ビットコインは通貨としてのメリット、取引サービス、

話題性などが入り混じっているため、

投資、ギャンブルといった性質が異なる資産運用方法が選択できる金融商品です。

 

ビットコインを入手する目的や動機を明確にし、

その目的に沿った資産運用方法を選択することがとても重要なのです。

 

例えば、ビットコインの希少性や資産のリスクヘッジ、デイトレードで、

短期間で儲けたいのであれば、投資に該当しますが、

“ニュースで話題になっているから”といったことが動機の場合は

”ギャンブル”に該当してしまいます。

 

まずは、ビットコインを入手して何がしたいのかを明確にした上で、

資産運用方法に沿った知識やスキルを習得するようにしましょう。

 

ただし、期待値がマイナスな”ギャンブル”は別として、

投資で着実に利益を得るには、

 

相場に影響を及ぼす情報の収集と分析するスキル、

チャートから相場を先読みするテクニカルなスキルを要するため、

まずプロのトレーダーのノウハウを学ぶことが成功への近道なのです。

 

◎ビットコイン投資で学ぶべきスキル

 

 

ビットコイン投資を始める前に学んでおくべきスキルを紹介します。

 

基本的な分析法でとも言える“ファンダメンタルズ分析”と”テクニカル分析”を

しっかり理解してからビットコイン投資に臨んでください。

 

・ファンダメンタルズ分析

 

ビットコインに関する各国の政治的な動向や、取引所、分裂、

ハードフォーク問題といった情報を基に相場を予測する分析法です。

中国のビットコインの規制などが該当します。

 

 

・テクニカル分析

 

ビットコイン相場のチャートから傾向を分析し、相場の方向性を予測する分析法です。

チャートの下ヒゲや上ヒゲを線で結んだラインをトレンドラインといい、

ラインの傾きで上昇傾向か下降傾向かを判断したり、

下ヒゲと上ヒゲが交差する点が、トレンドが転換したりする可能性があるタイミング、

といったことを予測します。

 

・勝ち続けるためには

 

ビットコイン投資で着実に勝ち続けるためには、

自身に課したビットコイン投資のルールを絶対に破らないことです。

 

急な暴騰や暴落で過剰に買ってしまったり、

また焦って売ってしまったりすることがビットコイン投資で失敗する主な原因です。

この辺りに関しては経験がものを言うので、

プロのトレーダーから教わった方が確実です。

 

◎おすすめのビットコイン投資専門プログラム

 

 

ビットコイン投資のトレードで利益を得るには、

トレンドを読むための情報の収集方法からその情報を活かす方法、

テクニカルな面においては、高度なチャート分析技術が必要です。

 

これらは実際にビットコイン投資を実施して損益を出しながら、

時間をかけて、失敗や経験から学ぶことも出来るでしょうが、

とても効率的とは言えません。

 

そこでおすすめなのが、

オンラインを活用した以下ビットコイン投資の学習プログラムです。

 

・ステップ①「8日間無料レッスン」

効率よくビットコイン投資のエッセンス(基礎)を学べます。

→ http://golden-investor.com/mail/
 
・ステップ②「6週間Webトレーニングプログラム」

 

現役プロトレーダーと同レベルの売買エントリーの方法・着眼点を習得!

自分で売買ポイントが見つけられるようになれます。

→ http://golden-investor.com/program/

 

これらのプログラムを利用して、ビットコイン投資成功の最短ルートを歩みましょう。

 

◎ まとめ

ビットコイン投資の基礎知識から学習方法までざっご紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?
 
2017年はビットコインが劇的に価値を上げた1年で、

“買えば儲かる”というイメージが強く印象に残った1年だったと思います。
 
2018年度は年明け早々、半値近くまで価格が下がるという大暴落を招き、

ビットコイン投資の怖さを感じた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そういった怖さと向き合うためにも、先にご紹介した学習プログラムなどを利用し、

しっかりとした知識とスキルを身に着けることをお勧めいたします。

 

ビットコイン投資を始める前に、自分自身に投資をすることが大切なのです。

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事