ビットコインの基礎知識 ウォレット

 

ウォレット(仮想通貨のお財布) はあなたのビットコイン(仮想通貨)を守るための必須アイテム

ビットコインは、どこに保存されているのでしょうか?

 

簡単に言うと、ウォレット(財布)という概念があります。

これは、ビットコイン専用の銀行口座とお考え下さい。

 

 

全てのビットコイン利用者は、このウォレット(財布)を持ちます。

そこにビットコインを保存し決済や送金(資金移動)に利用します。

 

また、誰かからビットコインを受け取る場合も、

自分のウォレットのコードを相手に教えて

ビットコインを受け取ることができます。

 

個人に振り分けられた ID を短縮したコードを使い、

スマフォで読み取れる QR コードに変換して、

簡単に決済や資金移動に使います。

 

世界中の人が自由・手軽に安く、

そしてスピーディーに決済・

資金移動をすることが可能になっているのです。

ウォレット(財布)にはそれぞれ特徴があります。

 

ウォレットの種類をご説明します。

大きくは4種類
取引所ウォレット

ビットフライヤー・

コインチェック

オンラインウォレット Blockchain info
オフラインウォレット  Copy
ハードウォレット

Trezor・Ledgernaos

 

 

 

取引所ウォレット

仮想通貨の取引所(BitFlyer・Coincheckなど)で取引口座を作り、

ビットコインを購入すると、ウォレットもついてきます。

 

例えば、自分の口座に日本円を送金(入金)し、

1ビットコイン(BTC)を買った場合、

ウォレットに1BTCが入っています。

 

FXや金先物などのオンライン取引で、

お金を自分の口座に入金して取引をし、

お金を管理する流れと同じです。

 

セキュリティを強固にするためには、

Google認証システムを利用した2段階認証を設定することもできます。

 

二段階認証とは、ログインパスワードに加えて、

さらに確認コードによる認証を行うことで、

アカウントのセキュリティをより強化するための仕組みです。

 

その他の二段階認証の種類としては、

電子メール・携帯電話へのSMSメッセージでも二段階認証を設定することが可能です。

オンラインウォレット(デジタル)

 

オンラインウォレットとは、

取引所とは別に、インターネット上のウォレットサービスを提供しています。

 

セキュリティ面・ハッキング対策で、信用できるサイトを選ぶ必要がありますね。

 

ブロックチェーンインフォ(Blockchain info)が代表例でしょう。

 

日本語、二段階認証、パスワード紛失自の復旧手段があり安全で使い勝手がよいと思います。

 

取引所やオンライン型のウォレットサービスには、

高額を長期間放置することは避けた方がよいでしょう。

オフライン型

オフライン型とは

インターネットにつながっていない(オフライン)、安全なところに保管するウォレット(財布)のことでオンラインウォレットと比べて安全です。

 

ウォレットを紙に印刷したペーパーウォレットもオフラインウォレットの例です。

ただし、万が一紛失した場合は、

預け入れていたビットコイン(資産)を全て失う可能性もあるので注意が必要です。

 

プライベートキー(銀行でいう暗証番号)をなくさないように注意が必要ですよ。

ハードウェアウォレット

ビットコインの管理方法としては、最も安全です。

 

ハードウェアウォレットでは、ハッキング、ウイルス感染による不正送金の心配はありません。

USBでPCに接続してウォレットを利用できます。

ハードウォレットディバイスが紛失し破損してもリカバーが可能です。

 

アナログタイプの人、機械に弱い人には馴染みにくいかもしれません。

預入先やウォレットの種類を分散させ、

二段階認証で、不正ログイン、ハッキングリスクを軽減することは可能です。

 

ビットコインでのおすすめのウォレットは?

どのウォレットを利用するかは、

ビットコインの預入金額、売買頻度、投資スタンスにより変わります。

 

利便性を優先するか、安全性にこだわるのかによっても異なります。

預入先やウォレットの種類を分散させ、二段階認証で、

不正ログイン、ハッキングリスクを軽減することは可能です。

 

個人的な意見ですが、

比較的少額で、短期的な売買に利用するビットコインは、

二段階認証などのセキュリティ強化を設定した上で、

取引所やWEBウォレットに保管で大丈夫だと思っています。

 

取引所のセキュリティ強化、資産保管技術も日々進歩しています。

売買目的ではなく、長期保有目的であれば、

オフラインやハードウォレットでの保管を検討すればよいと思います。

 

いかがでしょうか?

ビットコイン ウォレット(財布)の役割と種類についてご紹介しました。

 

安全面には十分注意して、

自分に合ったウォレットを使用し、

仮想通貨と付き合っていく事が大切だと思います。

 

次回は、ビットコインを支える技術、

今後のビットコイン相場に大きな影響を及ぼす

「ブロックチェーン技術」についてお伝え致します。

 

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事