【XRP(リップル)に実現可能性の高い、新たな強材料!】

 

今日は、仮想通貨XRP(リップル)の

ファンダメンタルズ(技術)情報です!

 

 

仮想通貨XRP(リップル)ホルダーにとっては、

良いニュース、中長期的に楽しみな強材料かもしれませんね!

 

 

リップルの「Xrapid」が

Bittrex(米国)、Bitso(メキシコ)、Coins.ph(フィリピン)の

仮想通貨取引所で採用されることになりました。

 

 

Xrapid(エックスラピッド)は、

リアルタイムでの通貨の変換、送金を行うソフトウェア(技術)です。

 

 

このXrapidを使用して国際送金をするときには、

仮想通貨XRP(リップル)が必要なのですが、

それを、Xrapidと統合されたBittrexなどの仮想通貨取引所から

調達できるようになるのです。

 

 

つまり、仮想通貨取引所において、

XRP(リップル)の「買い」需要が増加する見通しです。

安定・長期価格上昇の要因になると捉えています。。

 

 

個人投資家、ファンドなどの投機的な需要だけではなく、

実需を伴う銀行や金融機関などの送金業者からの「買い」が入ってくる

ことになるのです。

 

 

単なる期待感だけではなく、

実現可能性の高い、技術的な裏付けのある材料になってます。

 

 

仮想通貨「XRP」を送金に活用することによって、

送金の即時化、低コスト化が図れます。

 

 

現在、1年間に約66兆円の国際送金が行われています。

そのうち、50兆円が新興市場(発展途上国)向けに行われています。

 

 

現在の国際送金では、

「日本円」を日本の銀行から米国の銀行へ「ドル」として送る場合、

取引を行う日本とアメリカの銀行、双方が円とドルを所有している必要があります。

 

 

しかしこのXrapidでは、

こうした日本円やドルといった法定通貨の代わりに

仮想通貨の銘柄であるXRP(リップル)を用いて送金を行います。

 

 

そのため新興国や途上国のように

送金技術や外貨準備が整っていない環境でも国際送金が可能となります。

 

 

新興国や途上国では、

銀行口座を持つ人口よりスマートフォンを持つ人口の方が多い国が多く、

銀行口座は持てないけど国際取引を希望しているという人が多く存在します。

 

 

例えば、フィリピンの人が、米国に出稼ぎに出て、

稼いだお金をフィリピンに送金しています。

フィリピンの出稼ぎ規模は約5兆円です。(GDPの10%)

 

 

このニーズに対して

低価格、最速で取引を実現することが可能になります.

 

 

 

 

上図ように、支払元(送金元)の銀行や企業は

xRapidを通じて送金を行います。

この際に仮想通貨XRP(リップル)に

リアルタイムに変換し相手先に送信します。

 

 

それを相手先の通貨に変換した後、

相手の口座に着金させるといったプロセスを瞬時に行います。

 

 

xRapidの役割は

「通貨の変換と資金の実移動」です。

 

 

Xrapidというシステムを使うと国際送金時

のコストが60%削減となります。

また現在、数日~数週間かかる国際送金は、

Xrapidの使用でわずか4~5秒で完結できます。

 

 

・JPY→XRP→USD、USD→XRP→PHP(フィリピンペソ)など、

ブリッジ通貨として使用できるのです。

 

 

すでにXrapidを使ったテストはいくつかの銀行で完了しており、

2019年中には10以上の銀行がXrapidを実働する見通しです。

 

 

以上のような要因を背景に、

XRP(リップル)価格は8月14日の安値から

値上がりしてきています。

 

 

XRP(リップル)は、

ファンダメンタルズとテクニカル分析ともに、

「買い」賛成のムードが高まってきています!

 

 

中長期的な視野(1~2年)で、Xrapidの実用化が進めば

仮想通貨XRP(リップル)の価格も安定上昇が期待できるでしょう!

 

 

Happy trade Happy profit &Happy life! 

 

===========================

ご相談はお気軽に!

株式会社 アローコンサルティング

TEL  03-3728-5301/090-2651-3499

Mail  support@golden-investor.com

==========================

 

 

 

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事