2日目 仮想通貨ってなに?

こんにちは、仮想通貨コンサルタントの梅原明です。

2日目の学習内容は「仮想通貨とは」となります。

仮想通貨投資をはじめるにあたって、まずは仮想通貨の概要をおおまかに掴んでゆきましょう。
 

仮想通貨(暗号資産)とは

紙幣や硬貨(法定通貨)のように実物が存在する通貨ではなく、ブロックチェーンや電子署名といった暗号技術の組み合わせでインターネット上に存在する通貨のことです。

仮想通貨の種類は1500以上存在しますが、仮想通貨の代表(基軸コイン)が「ビットコイン」になります。

2017年12月にビットコインの価格が240万円を突破したことで話題となりました。

ビットコイン以外でも、イーサリアム、リップルなど様々な種類の仮想通貨(暗号資産)の利用、投資が昨今注目を集めています。
 

仮想通貨のしくみ

まず、仮想通貨(暗号資産)がどういったものかを理解して頂くために、私達がいつも使用している紙幣や硬貨といった日本円(法定通貨)との違いを、仮想通貨(暗号資産)の代表格とも言える、ビットコインを例にしながら紹介していきます。
 

仮想通貨(暗号資産)の単位

日本の法定通貨に”円”という単位があるように、仮想通貨(暗号資産)にも単位があります。

ビットコインの場合は、”BTC”という単位が用いられ、全世界のビットコインユーザーは、BTC単位で、ビットコインで決済したり、購入したり、売却したり、送金したりします。
 

仮想通貨(暗号資産)の発行元と管理

日本円の発行はご存知の通り、日本政府が決めた金融政策に沿って発行、管理されています。

一方、ビットコインはマイニング(発掘)という方法で発行されますが、このマイニングを行うのは、ビットコインの取引作業に参加した不特定多数の人たちです。

また、ビットコインの管理は、Peer to Peer(P2P)というネットワークでつながっているコンピュータ同士で管理しています。

ビットコインがインターネット上で、取引が出来るようにするためのプログラムは、ビットコインコアという組織によって開発されましたが、ビットコインコアは、仮想通貨(暗号資産)の発行元でも管理者でもありません。
 

仮想通貨(暗号資産)の発行量

法定通貨は、景気や物価、経済状況などを配慮した上で政府が決めた金融政策により、その発行量が決められますが、仮想通貨(暗号資産)の発行量は、ビットコインの場合、上限が2100万BTCであることと、一定期間毎に発行する割合を半分にする半減期というものが設けられています。

ビットコインは先程ご説明したように、マイニングが行われることで、発行されつづけますが、登場から期間が経つにつれ、発行されにくくなる性質を備えています。
 

仮想通貨の歴史

ビットコインは、2009年に誕生しました。

仮想通貨全体では、ビットコインを代名詞に、2000種類以上のコイン(仮想通貨)があります。(2019年4月11日現在)

取引所で取引が開始されたのは、2010年7月です。その時の値段は1BTC(ビットコイン)=7円でした。

それから約9年が経ち、2019年4月11日現在の値段は1BTC=59万円です。

2017年12月には一時240万円の高値をつけ、ビットコインはわずか7年で価格は約27万倍に値上りしました。

仮に2010年に100ビットコイン(BTC)を7円で買えば700円の投資です。

そのまま7年間持ち続けていれば、その価値は27万倍の1億8900万円になっていた計算です。

世界中どの投資商品を探しても、これだけの大化け・高騰商品はなかなかありませんよね。
 

ビットコインの歴史

では、ビットコインの歴史をチェックしてみましょう。

2013.3 ギリシャの金融危機が地中海にあるキプロス共和国にも飛び火し、キプロス国内の銀行が閉鎖されるなど、現金引き出しが困難な状況になりました。その際、銀行を介さず世界中どこでも取引できるビットコインが脚光を浴び、ビットコイン相場が上昇しました。
2013.12 中国政府がビットコイン取扱い停止を発表。この措置で、中国の取引所がサービス停止(一時的)に追い込まれ、ビットコイン価格は大幅に下落。
2014.2 日本でも有名になった、当時世界最大の取引所(マウントゴックス)が、顧客のビットコインと現金(85万BTCと現金約28億)を盗難されてしまいました。取引所は閉鎖され、社長は翌年逮捕されました。この事件をきっかけに、仮想通貨取引所・業者に対する規制や審査が強化されました。
2016 日本政府は2016年3月、ビットコインなどの仮想通貨は「貨幣の機能」を持つとして、公的な決済手段の一つであると位置づけた。世界中で続々とビットコイン取引所が開設され、ビットコイン市場への信頼が高まり、参加者の増加、人気上昇で、ビットコイン価格も上昇しました。
2017.4 日本で初めて仮想通貨取引所(交換業者)が登録制になりました。
2017.7 日本でビットコイン購入時の消費税が撤廃され、ビットコインが支払い手段として法律で認められました。ビットコインを中心に、仮想通貨への投資人気が更に高まり、価格は更に上昇を続けました。取引所(販売所)がTVのCM広告を行うなど、日本でのビットコイン人気が更に盛り上がり、2017年は、仮想通貨バブル元年と言われるようになりました。2017年に入ってからはビットコインだけでなく、イーサリアム、リップル、ライトコインなど、主要アルトコインが軒並み上昇しました。
2017.11 ビットコイン価格が100万円を突破。
2017.12 ビットコイン価格が200万円を突破。
2018.1 日本の取引所であるCoincheckがハッキング被害に遭いました。被害額は約580億円。2014年のMt.GOX事件に次ぐ、二例目の大規模な盗難被害です。被害に遭ったのはビットコインではありませんでしたが、仮想通貨への不信感・警戒が強まり価格は下落。
2018.2 史上最高値をつけた2017年12月からわずか2か月で1/3まで下落。
2018.4 2018年4月23日、金融庁から仮想通貨交換業の登録を受けた16社が集まり一般社団法人 日本仮想通貨交換業協会を設立。業界団体として仮想通貨の取り扱いに関する各種ルールを整備し、金融庁から自主規制団体として認定されることを目指す。
2018.12 長い弱気(下落)相場が続き、35万円台の安値をつける。
2019.3 仮想通貨に関わる資金決済に関する法律等の一部を改正する法律案が国会に提出される。日本国内での仮想通貨に関する法整備が進む。(1)暗号資産(仮想通貨)交換業者に対する規制の見直し、(2)暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引、ICOに対する規制の整備、(3)銀行等の業務範囲の見直し、(4)店頭デリバティブ取引の一括清算における証拠金の清算などに関する改正を行うもの。
2019.4 価格は徐々に回復基調となり50万台を回復、再び注目が高まり始める。

 

仮想通貨の銘柄ビットコインとアルトコイン

Bitcoin(ビットコイン)は、数多くある仮想通貨銘柄の中の代表格のコインです。

通貨で言えば、世界の基軸通貨である「ドル$」のような存在です。仮想通貨銘柄の中で、ビットコインは「基軸銘柄」となります。

ビットコイン以外の銘柄はビットコインの動きに影響され、連動する傾向があります。

例)ビットコインが大きく上昇すれば、その他のコインも上昇する

Altcoin(アルトコイン)は、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。人気が高い銘柄として、イーサリアム(Ethereum)やリップル(Ripple)などがあります。

アルトコインは、ビットコインの欠点を補うことを目的に開発されていることが大きな特徴です。

例えば、ビットコイン(BTC)では、標準的な送金完了時間は約10分です。

一方、アルトコインの人気銘柄であるリップル(XRP)の送金処理完了時間は、3~4数秒程度で、ビットコインの弱点をカバーし、独自の特徴・強みを持っています。
 

取引所について

仮想通貨を購入し売買するには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。

仮想通貨取引所とは、株式投資でいう証券会社(松井証券・SBI証券など)、FXでは、外為ドットコムのようなFX会社で口座を開設するする必要があります。仮想通貨も同じです。

日本国内で、金融庁に登録されている仮想通貨取引所は19社あります。

海外にも数多くの取引所が存在しますが、取引環境が大きく異なる場合があるので、ご自身のニーズに合わせて取引所を選択する必要があります。

ここでは、仮想通貨の初心者が安心して使いやすい取引所を

  • ・使いやすさ
  • ・売買手数料
  • ・取扱通貨
  • ・安全性
  • ・会社の信頼性

の5つのポイントを重要ポイントとして、3つの取引所をご紹介させていただきます。
 

①ビットポイント

ビットポイント

取引所ウェブサイトへ

使いやすさ 価格情報、チャート、注文画面、ポジション・資産管理などをわかりやすく収めた取引ツール。
売買手数料 取引・送金手数料などが全て無料。Meta Trader4(MT4)取引を実現。
取扱通貨 主要5通貨(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP)の板取引が可能。
安全性 情報セキュリティー格付け【Ais】ランク取得。
会社の信頼性 金融庁登録業者関東財務局長 第00009号。資本金44億3,000万円。親会社は上場企業リミックスポイント。

 

②Liquid(リキッド)

Liquid(リキッド)

取引所ウェブサイトへ

使いやすさ 海外取引所へ接続し、高い流動性を確保。2つのチャート、注文画面などが一体型となった取引ツール。毎秒100万回の取引処理でと世界最高速の取引エンジンを搭載。
売買手数料 ビットコインの現物売買手数料無料。
取扱通貨 ビットコイン国内取引高No,1、ビットコインの現物売買手数料無料。
安全性 顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化により、セキュリティ高。マルチシグとは仮想通貨の秘密鍵を複数登録する仕組みでセキュリティを向上させる。
会社の信頼性 金融庁登録業者関東財務局長 第00002号。資本金約20億円。

 

③ビットバンク

ビットバンク

取引所ウェブサイトへ

使いやすさ 高機能な取引ツールを提供し50種類を超えるテクニカル指標を搭載。
売買手数料 指値がマイナス手数料。
取扱通貨 リップルの取引高が世界一多い。
安全性 安心のコールド管理のビットコインWebウォレット。顧客資金は別の金融機関にて分離保全。
会社の信頼性 金融庁登録業者関東財務局長 第00004号。資本金3億8100万円。

 

いかがでしたか?なんとなく仮想通貨がどんなものかイメージできたでしょうか。

次回、3日目の学習内容は、「仮想通貨市場の近況」となります。

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事