9日目 管理画面の見方を覚えよう

こんにちは、仮想通貨コンサルタントの梅原明です。

9日目の今日は、「管理画面の見方を覚えよう」ということで、ここだけはチェックしておきたいポイントについて解説します。
 

ビットポイントの管理画面構成

まずは管理画面のおおまかなメニュー構成について、それぞれ役割を説明します。
 

 

入出金・振替

入出金・振替タブをクリックすると、次のようにメニューが展開します。その中で大事なのが、法定通貨入出金と仮想通貨送受金です。
 

 

・法定通貨入出金

自分の銀行口座からBITPointの取引口座への入金、BITPointから自分の銀行口座への出金(返金)をするための口座情報が確認できます。

・仮想通貨送受金

仮想通貨を自分の取引口座へ預け入れたり、仮想通貨を送金手続きするための入口です。
 

仮想通貨取引

ここでは、BITPointですぐに使える取引ツールを2つ紹介します。
 

 

・BITPoint Trade

市況情報(現物)、資産状況、チャート、注文画面などを一画面におさめて、パソコン・スマートフォンから簡単にスピーディーに仮想通貨の取引が可能!エントリーレベルの取引ツール。
 

 

・BITPoint Advance

チャートや板情報などの価格情報、注文・約定・ポジション情報、資産サマリーなどを一画面に収め、画面を遷移することなく、スピーディーにお取引のできるように配慮された取引ツールです。インストールなどの手間や手続きなどもない。
 

 

取引照会


 
取引照会の中の資産サマリーをクリックします。
 

 
資産グラフ、資産状況の推移、現物保有一覧をチェックすることができます。

自分がどの銘柄を幾らでどれ位保有しているのか確認できます。

また、運用開始時からの評価損益、資産状況の推移などが確認できます。
 

価格情報


 
価格チャートを確認したいときは、『価格情報』を選択して、『価格チャート』をクリックすると詳細なチャートや市況情報を確認することができます。

表示する通貨ペア、時間軸、チャートの種類の変更、トレンドラインを引いたりすることもできます。
 

口座管理


 
口座情報確認・変更、取引暗証番号確認・変更、パスワード変更などを行えます。

この中で、運用時によくチェックするのは、「取引照会」と「価格情報」です。

「取引照会」は、自分の資産が増えているのか、減っているのか?資産状況、資産推移をリアルタイムでチェックできるのが便利です。

「価格情報」は、やはり自分が投資した銘柄(コイン)の値段は気になります。

リアルタイムで、チャートや市況状況を簡単にチェックすることができます。
 

管理画面でチェックすべきポイント

管理画面では、ご自身の資産状況は増えているのか?目減りしているのか?
保有している銘柄のパフォーマンスは上手くいっているのか?

などを客観的に評価して、必要に応じて、利益を確定、追加投資、投資銘柄・戦略の変更などを検討する必要があります。

そのために、管理画面では、「取引照会」と「価格情報」を上手くチェックして欲しいと思います。
 

売り時と買い時について

投資は、「入口」も重要ですが、「出口戦略」がより重要だと言われます。

保有している銘柄を「いくらで売るか」を決めていますか?

買った銘柄が値上がりしても、売らないことには利益は確定しません。

実は多くの人が、「入口」である買う場面では、銘柄の特徴・価格チャート・購入時期などを分析して慎重に判断しているのに、「出口」の売る(仕切り)場面では、雰囲気や情報に振り回されて売買を判断してしまっているのです。

仮想通貨に限らず、投資は「出口戦略」がとても重要です。仮想通貨に投資する時(前)、そして保有している時も、売る場面(出口)をイメージして、いざ売るタイミングでは、冷静に判断できるように準備しておきましょう!

最初はよく使う機能からしっかり覚えて、徐々にその他の機能も覚えてゆくとよいでしょう。

次回は、「さいごに」ということで、これから本格的に仮想通貨投資をはじめる上で必要なことや、心構えについてお話したいと思います。

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事