テクニカル分析の基礎知識1

テクニカル分析の基礎知識1

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、過去の値動きや取引を時系列チャートで表して、そこからトレンドやパターンなどを見つけて、将来の値動きを予想することです。

テクニカル指標の種類はたくさんありますが、それらの全てを使いこなす必要はありません。効果が期待できる基本的なテクニカル指標だけを活用すれば良いのです。

過去のパターン(傾向)を掴むことができれば、ある程度、将来の展開予想がしやすくなります。そして、売買・投資パフォーマンスも良くなる可能性が高まっていきます。

ファンダメンタルズ分析とは

テクニカル分析の前に、「ファンダメンタルズ(分析)」について簡単にファンダメンタルズについて簡単に解説します。

まず、「ファンダメンタルズ」とは、国や企業などの経済状態を表す指標で、「経済の基礎的条件」のことです。

国レベルでは、一国の経済の健全性を見る経済成長率(GDP)・雇用系指標(失業率・雇用者数)・インフレ率・国際収支(経常収支・貿易収支など)などがあげられます。 

株式の場合は、企業の業績、財務状況などになりますね。

仮想通貨では、コインの技術的要因、需給関係などがあげまれます。

そして、「ファンダメンタルズ分析」とは、この「ファンダメンタルズ」をもとに株価・為替・仮想通貨などの値動きを予測することです。

ファンダメンタルズ分析は、中長期の流れを読むポイントとなる指標で本質的な価値も見据えて分析します。

では次に、「テクニカル分析」にはどのような役割があるのか?確認していきましょう!

テクニカル分析の役割とは?

「ファンダメンタル分析」は、なぜ買うかという理由が分かる。

「テクニカル分析」は、いつ買うかというタイミングが分かるのです。

仮想通貨の売買で、ファンダメンタルズ分析は、コインの技術や需給を分析することで、「どの銘柄を買うのか」「なぜ買うのか」という理由がわかります。

最終的に銘柄(コイン)の価格は、技術力や利便性などが評価された上で、そのコインに生じる需給の方向に動いていく傾向にあります。

なので、ファンダメンタルズ分析をすることで、

なぜ上がるのか?下がるのか? 
なぜ買うか? 売るのか?

そのような理由が分かります。

しかしながら・・・
いつ仕掛ければ良いのか? どの位の値幅・期間動くのか? どこで利確・仕切りをするのか?

ファンダメンタルズ分析だけでは、売買のタイミングはわかりません。

一方、テクニカル分析は、

買う理由だけでなく、買うタイミングも分かります。
売る理由だけでなく、売るタイミングもわかります。

また、短期・中期・長期、いずれの期間の取引にも柔軟に対応ができるのです。

相場の天井や大底を見定めるためには、ファンダメンタルズ分析だけでは不十分であり、テクニカル分析の活用が必要なのです。

いかがでしたでしょうか? テクニカル分析の基礎の「基」はご理解いただけましたでしょうか?

次回からは、

「テクニカル分析の基礎知識2」・「テクニカル分析の強みと弱点」・「テクニカル分析の種類」などについてご紹介してゆきたいと思います。


仮想通貨で安定的に大きな成果を出し続けるために、必要な知識をコツコツと身につけて行きましょう!

Happy Trade・Happy profit・Happy life !

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事