ビットコイン・仮想通貨のテクニカル分析 天井・暴落サインの見極め方!

 

 

天井・暴落サインの見極め方!

 

最近、ビットコイン・仮想通貨で、

ファンダメンタルズ分析に加えて、

テクニカル分析に興味を持つ方が増加中です!

 

 

でも・・

「ビットコインや仮想通貨にテクニカル分析は使えるの?」

と思っている方もいらっしゃいます。

 

 

最初に結論を申し上げると、

仮想通貨・ビットコインにテクニカル分析は使えます。

使えるだけではなく、今後、仮想通貨、ビットコインで

安定的、継続的に利益を得たいと本気で思う方には、

テクニカル分析は必須スキルなのです。

 

 

2017年までは、「買えば儲かる」「誰でも儲かる」

ような上昇相場でした。

 

 

TVCMでも有名芸能人を起用して、

投資経験や知識がない多くの人が

仮想通貨投資へ参入してきました。

 

 

ビットコイン価格も

2017年12月には一時240万円の高値をつけるなど、

まさに仮想通貨バブルのような様相でしたね。

 

 

しかし、2017年12月より、

米国でのビットコイン先物取引の運用開始で、

今まで仮想通貨に参加していなかった、

ファンドやプロの投機集団が仮想通貨市場に参入してきました。

 

 

まだ様子見スタンスや慎重姿勢をとっているプロ集団もありますが、

2017年から12月より、CME(世界最大の取引所)での上場を果たしており、

実際にファンドのビットコイン先物取引への参入が実現しています。

 

 

ビットコインをはじめ、仮想通貨全体の値動きは、

2017年とは大きく異なっています。

 

 

2018年1月からは、

仮想通貨価格に影響を及ぼす国での規制強化、

日本の取引所コインチェックでのネム(NEM/XEM)ハッキング事件、

ファンド等のいわゆるプロ集団の参入などで、

「売りが売りを呼ぶ」、暴落相場となりました。

 

 

当ブログのビットコインのテクニカル分析でも、

注意警鐘し、「暴落警告サイン」など幾度か情報を配信していました。

 

 

テクニカル分析を有効に活用することで、

 

利益確定の目安・判断がつきます。

大きな相場の流れの変化に気づき、損失防止に役立ちます。

大きな相場の流れに乗り、大きな利益獲得が可能になります。

どこで買って、どこで売ればよいのか? 分かるようになります。

 

ここでは、

2018年1月からのテクニカル分析、解説をご紹介します。

 

 

ビットコイン・仮想通貨テクニカル分析が使える!有効!必須!

だということが伝われば嬉しいです。

 

 

【1月6日】天井確定! エイダ(ADA)&トロン(TRX)のテクニカル分析

アルトコインの人気銘柄のトロン(TRX)&エイダ(ADA)は、

テクニカル(チャート)分析では、

天井線が出現し、短期テクニカルでは売りサインが出現していました。

 

 

下図のチャートは天井型で「波高い線」といいます。

 

 

 

トロン(TRX)のテクニカルチャートでは、天井を示唆!

 

 

 

エイダ(ADA)についても天井の可能性を警鐘!

 

 

 

 

 

【1月15日】 ビットコイン・仮想通貨の暴落警告サイン!

 

2018年1月15日現在、

ビットコイン(BTC)/USDは、「一目均衡表」の雲の中に入り込み、

今後どちらに抜けるか非常に重要な局面です。

 

 

「雲」を上に抜けると、前回の高値を突破して、

再びビットコイン旋風を巻き起こす可能性があります。

 

 

しかし、「雲」を下に抜けると日本円で100万円トライの可能性もあります。

暴落に対する警戒が必要になります。

 

 

また、現在日本では、

「ビットコインはもう上がりにくいので面白くない。

複数のアルトコインを適当に買えば儲かる」

というような風潮?もあります。

 

 

確かに2017年度末に多くのアルトコインが急騰しまくりました。

しかし、年末年始の高値からは、50%以上も下落している銘柄も多くあります。

 

 

その影響でしょうか? 最近は・・
・どこで利食いするのか?
・どこで下げ止まるのか?
・どこで買い増しするのか?
・どこで新規買いするのか?

 

 

というような、トレーディング分析の視点を取り入れたいという相談が増加中です。

仮想通貨に通用するテクニカル手法を正しく身につければ、

そのような悩みは解消されます。

 

 

ビットコインチャート(BTC/USD)

 

 

 

 

エイダチャート(ADA/USD)

 

 

 

 

 

リップル(XRP/USD)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムチャート(XEM/USD)

 

 

 

 

ビットコイン・仮想通貨にも通用するテクニカル分析!

ここで少しマーケット・視点を変えて、

 

 

注目度の高い! 日経225を例に、

テクニカル分析に1つをご紹介させていただきます。

 

 

「何だ! 日経225かよ! 仮想通貨とは関係ないじゃん」

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

しかし、今日紹介するテクニカル分析手法は、

ビットコイン、仮想通貨の投資、トレードでも

通用します。

 

 

今後、仮想通貨で安定的、継続的に利益を得ていきたい方には、

非常に役立つ内容だと思いますので是非参考にして欲しいです。

 

 

そして、今後のビットコイン、仮想通貨投資、トレードに、

テクニカル分析の視点を組み入れることをお勧めしたいと思います。

 

 

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の融合は、

ビットコイン、仮想通貨での利益拡大に役立つと思います。

 

 

さて、今回紹介させてもらうテクニカルは、

「酒田五法(さかたごほう)」というテクニカル分析です。

 

 

酒田五法 (さかたごほう)とは、

江戸時代の日本人相場師、本間宗久によって考案された

ローソク足の並びを基本としたテクニカル分析です。

現在でも世界的に有名なテクニカル分析の1つです。

 

 

2018年2月9日から2月16日までの

日経225のローソク足(日足)で見ていきましょう。

 

 

まずは、ローソク足の構造を簡単に説明します。

 

 

 

ローソク足は始値(はじまりね)よりも

終値(おわりね)が高ければ「陽線」

といい白抜きで表示されます。

 

始値よりも終値が安ければ「陰線」といい

黒塗りで表示されます。

 

 

今回紹介する日経225のローソク足は、

「陽線」が緑、「陰線」が赤で表示されています。(注意)

 

 

 

まずは、2月14日に「たくり線」が出現しています!

 

 

 

「たくり線」とは

下落相場で、安く寄り付き長い下ひげとなった陰線のことです。

 

 

前日の流れを引き継ぎ、安く寄り付いて、

その後大きく値を下げるが、急反発して大きく盛り返した形です。

今回は、急反発のパターンです。

 

 

長い下ヒゲは、買い方の強いエネルギーを表し、

深い井戸に落ち込んだ桶を「たくり上げる」動作からきています。

信頼度は中レベルだと思います。

 

続いて、

 

2月16日に「陰の陽はらみ」が出現しています。

 

 

 

底値圏で出やすい強気サインです。

信頼度は中の上レベルだと思います。

 

 

「陰の陽はらみ」とは、

大きな陰線の翌日に出た陽線が、

前日の大陰線の中に納まるような形「はらみ線」になる事です。

 

 

下落相場で、大陰線に続いて、

その陰線に包み込まれるような陽線が出たら、

翌日の動きに注目します。

 

翌日、高寄りの陽線となれば、相場転換する可能性が高まります。

 

しかし、

安寄りの陰線になってしまった場合には、下落相場継続と見ます。

 

 

逆パターンは、上昇相場の天井圏で現れる「陽の陰はらみ」

で、売りシグナル(弱気転換)となります。

 

 

日経225ローソク足(酒田五法)では、

「たくり線」と「陰の陽はらみ」

連続で出ており底打ち期待又は相場転換が期待されます。

 

2月14日のバレンタイン底値?

(21,000円割れ)が意識されます。

 

今回紹介したローソク足チャート分析以外にも、
たくさんのパターンがあります。

仮想通貨にも通用する分析手法です

特に、相場の「底」「天井」を見定める
有効な分析手法ですので、
是非とも今後に活かしてくださいね!

 

 

***********************************

  • ご相談はお気軽に●

お電話: 03-3728-5301

Happy trade, Happy profit & Happy life (3H)

株式会社 アローコンサルティング

************************************

プロが教える9日間集中メール講座





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事